パーマ液のカテゴリー

パーマ液のカテゴリー

パーマ液は、ドラッグストアなど、いまでは幅広く流通していますが、その薬品としてのカテゴリーは医薬部外品です。薬事法第2条第2項によって、定められていますが、ちょうど薬品と化粧品の間に存在するものです。

 

医薬品ほど厳重な注意はいらないが、それに准ずるものとして、使用上の注意を読んで、正しい使い方をしないと事故に繋がりますので注意です。効能、効果、用法などが定められていて、9種類程薬剤があります。美容師さんなど、その道のプロの方は、お客さんの髪質や肌質などを見極めて、適切なパーマ液を選択して、なるべくダメージがなく、パーマのかかりがよいように選択します。

 

それも美容院でパーマをかけるメリットでしょう。それぞれの個人にあった施術方法をしてくれるので、家庭でパーマをかけるような不具合を気にしなくても済みますよね。肌の荒れやすい人は、家庭用のパーマ液が肌にダメージを与えて、皮膚科に行くはめになりますので、パーマ液の選択にはくれぐれも注意です。