美容室と定休日

美容室と定休日

もともと床屋さんは月曜日、そして美容室は火曜日が定休日と決まっていますが、それはなぜなのでしょうか。これは太平洋戦争前の節電習慣が元になっていることを御存知の人は多くないと思います。戦争による生産力強化と資源の節約のため、国策として週に一回は電力を使わない日を決めたのだそうです。そして床屋や美容院などは電力をかなり使うということから、地域毎に定休日を統一して、電力を使わないことになったそうです。

 

その為、地方ごとに、月曜日とか火曜日に、電力を使わない日を統一するようになったのが、この習慣の始まりだそうです。休日に床屋さんや美容院に行く人が多いから、週明けに休む、という単純なルールではなかったようです。また職業ごとに休日が決まっているのも、この時代の名残ということは驚きですね。今も節電などをしていますが、昔と違って、休日も自由裁量、年中無休のところも増えていますね。スタッフもシフトでかわるがわる休んでいるようです。

 

服 リサイクル 川崎なら
渋谷の美容室SAIKA

私のパーマ体験談

髪の毛の質は人によって違いますが、髪型をかえたい、コンプレックスを解消したいなど様々な理由でパーマを当てる人は多いです。私は生まれつき天然パーマで雨の日などはゆるいカーブが掛かるのが、とても嫌で雨の多い梅雨の日は毎日憂鬱でした。

 

ある程度自分で稼げるようになってからは、美容院で矯正ストレートパーマを当てていますが、私の髪の毛はパーマが効きにくいらしく、長期間継続は出来ませんが、頻繁にパーマを当てれば問題が無いので、梅雨の時期も髪の毛に悩むことなく過ごしています。

 

美容院によってパーマの上手さは違いますし、継続期間も違うので、長期的に同じパーマを当てようと思っている人は、色々巡ってみて、自分に合う美容院を使うのが良いかと思います。

 

パーマにかかる費用は安い物ではありませんが、クーポンを使ったり、常連になると割引案内のハガキが来る事もあるので、そういうのを上手に使って利用しましょう。パーマを当てた髪の毛は痛みやすいので、日ごろから髪の毛を丁寧に行い、きれいなパーマが保たれるよう色々とケアに気をつけ、コンプレックスの無い髪の毛ライフを送ってください。"