コールドパーマと加温パーマの違い

コールドパーマと加温パーマの違い

一世代前までは、コールドパーマがパーマとしては普通でした。美容院にいけば、沢山のロッドを巻いて、パーマのお釜をかぶって雑誌を読んでいるお母さんたちが沢山いたものです。しかし、今となってはそのパーマの方法自体も選択できる時代になっています。

 

コールドパーマだけではなく、形状記憶のデジタルパーマや加温式のパーマで、遠赤外線の輪のような機器が頭の上で回転していることもよく見かけるようになりました。この加温式パーマの場合は、摂氏60度を超えない、人間の髪のタンパク質を変性しない温度に設定されているようで、実際にパーマをかけた後でも、髪が傷まないのは大きなメリットです。

 

形状記憶パーマは熱によって、新しい形状を髪に覚えさせるのですが、それでもなるべく高すぎる温度で髪にダメージを与えるのは避けたいですからね。加温用の薬剤を使うので、乾燥によるぱさぱさ感を避けたい人には非常にいいでしょう。髪質によってパーマも選んでいきましょう。

 

東京ライブハウスのグラムシュライン
http://glamstein.syncl.jp/">[横浜・ライブハウス]The CLUB SENSATION